【あなたの魅力に気づく18のステップ】第2回 コニュミケーションの極意

- comments(0) trackbacks(0) i-omusubi
 第2回 コミュニケーションの極意

メラビアンという心理学者のメラビアンの法則をご存知ですか?

メラビアンの法則によると、第一印象ファーストインプレッションで相手に与える印象を%で表すと

 話の内容…7%

 話し方、声の大きさ、抑揚…38%

 態度、しぐさ、姿勢、外見、表情(ボディランゲージ) …55%
だそうです。

 

第一印象、は3〜6秒(瞬きの速さ)で決まると言われています。初対面の場合、最初の10秒位で人は直観で感じるものがあるんですね。

外見や服装、表情などボディランゲージで55%も判断されていて、話の内容はたった7%しか伝わらないってことです。私は、これを聞いた時、へぇ〜って驚きました。

つまり、いくらいい話や面白い話をしても服装や表情次第で全く信用してもらえなかったり、好感を持ってもらえない場合が非常に多いという事なんですね。

姿勢の中で、注意しないといけないのは、癖で腕や足をよく組む人。
そのしぐさで相手を威圧感を与えてしまったり、相手との距離をつくってしまいます。

それからよくある話ですが、売れない営業マンの傾向として、「しゃべりすぎ」という事があります。たった7%しか相手に伝わらないのに、一生懸命話して納得説得しようと思うとなかなか売れない。しゃべればしゃべるほど相手が引いてします。

つまり話し上手が、営業上手ではないということなんですよね。

本当の話し上手とは…聞き上手な方なんです。

さて、出会いを求める皆さんにとっては、初対面の人と話す内容ってどうされていますか?

まず、初対面の人にあった時、緊張しているのはあなただけではないということを理解しましょう。あなたが緊張するのと同じように相手も緊張しています。
あなたが相手を警戒しているのと同じように相手もあなたを警戒しています。

その警戒を解く事が大切なのですが、メラビアンの法則でご理解頂いた通り、相手の警戒を取り除く第一歩は外見(特に表情)です。つまり顔の表情、ズバリ笑顔です。

笑顔で挨拶から始めてみましょう。第一印象、最初の10秒が勝負です!

その後、何を話したらよいかわからないときは…取り留めもない会話ですが、
「今日は暑いですね〜」
「どちらから来られたんですか?」
「ここへはよく来られるんですか?」
「何処で今日の会をお知りになったんですか?」
などの当たり障りのない質問を使うと案外スムーズに会話に入っていく事ができます。

笑顔で『にこっ』からスタートが肝心です。そして、相手の良い所を見つけ褒める。
特に男性は、女性に対して褒めること(あきらかに心のこもっていないお世辞はNG!)

会話の苦手な方は、少しゆっくりと意識して話してみましょう。

ゆっくり喋ることで、次の質問を考えるゆとりができますよ。
質問の内容を日頃から準備しておくものいいかもしれません。

食べ物やスポーツの話もいいかもしれません。
話を戻すと、コミュニケーションが上手くいかない時は、かがみをみてみましょう。

自分の表情、笑顔はひきつっていませんか?

さらに、表情に加えて服装や姿勢なども要チェックです!

鏡の前で毎朝スマイル〜〜〜「今日も素敵な一日で嬉しい〜」って思いを込めてみましょう。

そして、寝る前に「今日も素敵な一日でした。ありがとうございました。」って感謝を込める。

きっと、良いことが引き寄せられます。
次回は、脳のメカニズムについて触れてみたいと思います。

コメント一覧
コメントする

 

トラックバック

この記事のトラックバックURL

無料ブログ作成サービス JUGEM